性同一性障害の診断と一般的な治療方法

性同一性障害(GID)の診断について

1.自己が認知するところの性(gender)の決定
①養育歴、生活歴、性生活歴の聴取
②現在の生活(服装、言動、人間関係、職歴、投薬歴など)の聴取

2.生物学的性(sex)の決定
①ホルモン検査、染色体検査、内性器及び外性器の検査
②半陰陽、間性などの異常の有無の確認

3.除外診断
①統合失調症、人格障害などの精神障害のために別の性を求めるものではない
②文化的、社会的理由による性役割の忌避、職業的利得などのために別の性を求めるものではない

4.上記1~3を総合的に判断し、sex と gender が一致しないと認めるとき、GIDとの診断を下す。
一度の診察で診断を下す医師もいれば、半年~1年の診察を経て診断を下す医師もいます。

フローブでは、カウンセリング治療に意義を認めておりませんので、余程のことがなければ一度の診察で診断を下して、速やかにホルモン治療や手術治療に進めます。

GIDは当事者自らで診断できる疾患です。医師の診断はその確認に過ぎません。

一般的な性同一性障害(GID)の治療

精神神経学会の提唱するガイドラインによれば
1.カウンセリング療法(第一段階)
2.ホルモン療法(第二段階)
3.手術療法(第三段階)
の順序で行われるのが一般的とされています。

しかしフローブでは、 Gender Identity(自認性)に揺らぎのない方、既に反対性で実生活を過ごしてみえる方には、即座のホルモン治療、手術治療をお勧めします。それらの方にとってカウンセリング療法は無意味かつ時間の無駄と考えるからです。

フローブクリニック