キレイなニューハーフになりたい人へのアドバイス

2012年1月30日

キレイなニューハーフタレント

ここでは主にGIDの方を対象に話したいと思います。

このページを見ている男性の中には、自分の性別に違和感を感じて将来的にニューハーフ(女性)として生きていきたいと、考えている人もいるかもしれません。

そんな貴方のために筆者(ニューハーフ暦12年)の経験を元に、より女性らしく、よりキレイに生まれ変わる方法を伝授したいと思います。

《これから書く内容は私の経験によるもので、個人的見解です。こうすれば必ずキレイになれるという保障もありませんし、医療行為を勧めるものでもありません。実際に行動に移す場合は、専門医に相談する等して、自己責任の元でお願いします。》

@女性よりも女性らしいニューハーフになるために、絶対外せないのは、女性ホルモン投与と玉抜き(去勢手術)になります。

これは年齢的に早ければ早いほどいいです。なぜかといえば思春期の頃から男性ホルモンの働きが活発になり、ある程度年齢がいってしまうと男性としての身体が出来上がってしまうからです。

声変わりをして、ヒゲなどの体毛も濃くなり、骨格や筋肉が出来上がってしまってからするのと、その前にするのとでは外見上の見た目においてかなりの差が出ると思います。こちらの記事によればホルモン療法の年齢は、15歳以上からに引き下げられた様ですし、より早い段階での対応が可能になるでしょう。

A女性よりも女性らしいニューハーフになるための次のポイントは、お肌のケアです。これもやはり若いうちから手入れするのと、中年になってから手入れするのでは歴然の差がでます。

若いうちからきちんと手入れすれば、年齢を重ねても女性と同じ肌レベルを保てると思います。具体的には寝る前には洗顔→化粧水→乳液を欠かさない事ですね。また夏に外出する際はUVカットを塗るなど徹底すれば、元男性とは思えない肌になります。お肌に気を使ってない女性よりもずっとキレイになります。

B次に美容整形ですが、これは個人によりコンプレックスや満足のいくレベルが異なると思いますので一概には言えませんが、美を追求するならいずれ直面する問題だと思います。世のキレイなニューハーフさんは、大抵何かしらの美容整形を受けています。

美容整形を受ける際は失敗や後悔をしないためにも、必ず複数のクリニックでカウンセリングを受け、納得してから施術することをお勧めします。

 

何点かアドバイスしてきましたが、一番重要な事は周りの目や失敗を恐れずに、堂々と振る舞い生きていく事だと思います。そうすれば自然とお化粧なども上達し、服装もなじんで、気がつけば周りから本物の女性として受け入られることでしょう。

このコラムがニューハーフとして生きて行こうとする貴方のために、少しでもお役にたてれば幸いです。